Enjoy baseball from the bottom of my heart

大阪桐蔭vs修徳(2013国体)

20131003_56

2013年10月3日
第68回国民体育大会 決勝戦(大阪桐蔭高等学校vs修徳高等学校)
スポーツ祭東京2013
八王子市民球場

TEAM1
2
3
456789HE
大阪桐蔭40020300110140
修徳00005050010133

葛川知哉(大阪桐蔭)と西林賢人(修徳)のエース同士の投げ合いで始まった国体の 決勝戦は両チームあわせて27安打が飛び出す乱打戦となった。序盤から6点差をつけた大阪桐蔭が楽勝ムードで試合は進んだが5回裏と7回裏にそれぞれ5点づつの計10点を取った修徳が10対9と逆転し最終回を迎え誰もが修徳の優勝かと感じる展開であったが、先頭の笠松悠哉が四球で出塁し水谷友生也が送りバンドを決め1死二塁。その後2死二塁となり、代打久米健夫の打席の時に笠松悠哉が三盗をし、タイミング的にはアウトかなと思われたが捕手から三塁へのボールが逸れ、そのまま笠松悠哉がホームインし同点に追いつく。9回の裏は網本光佑(大阪桐蔭)が3人できっちり抑えゲームセット。(※大会規定により決勝戦は延長戦やタイブレークは行わないこととなっております。)大阪桐蔭、修徳の両校が優勝!となり大阪桐蔭は2連覇となった。

高校最後の公式戦となる森友哉(170cm/80kg)捕手
6回表に今大会2本目となる高校通算41号のホームランを右中間に放し国体2連覇に貢献。

大阪桐蔭9対10のビハインドの状況、この回を抑えれば修徳の優勝が決まる場面。
四球(笠松)→送りバンド(水谷)→二飛(辻田)で2死2塁の状況。
笠松が三盗を試みる(タイミング的にはアウトと思われた)
捕手からの三塁への送球が逸れる間に笠松が同点のホームを踏む。

先発した大阪桐蔭の葛川知哉(3年生)投手

先発した大阪桐蔭の葛川知哉(3年生)投手
【3年生/180cm/82kg/右投げ/右打ち/背番号1】

葛川知哉(大阪桐蔭)投手をリリーフした網本光佑(大阪桐蔭)投手

葛川知哉(大阪桐蔭)投手をリリーフした網本光佑(大阪桐蔭)投手
【3年生/175cm/68g/左投げ/左打ち/背番号10】

先発した西林賢人(修徳)投手

先発した西林賢人(修徳)投手
【3年生/170cm/70kg/右投げ/左打ち/背番号1】

リリーフとして登板した桜井政利(修徳)

リリーフとして登板した桜井政利(修徳)投手
【2年生/170cm/70kg/左投げ/左打ち/背番号16】

高校生としての最終戦でホームランを放した森友哉(大阪桐蔭)

高校生としての最終戦で高校通算41本目のホームランを放した森友哉(大阪桐蔭)

森友哉(大阪桐蔭)
【3年生/170cm/80kg/右投げ/左打ち/背番号2】

これで見納め大阪桐蔭 高校森友哉のキャッチング

森友哉(大阪桐蔭)のキャッチング

マウンドで笑顔を見せる森友哉(大阪桐蔭)※伝令は久米健夫(3年生)

マウンドで笑顔を見せる森友哉(大阪桐蔭) ※伝令は久米健夫(3年生)

第68回国民体育大会決勝戦の結果(両校優勝で大阪桐蔭は国体連覇)

第68回国民体育大会決勝戦の結果(両校優勝で大阪桐蔭は国体連覇)
大阪桐蔭 10 – 10 修徳

大阪桐蔭高校(1983年創立 1983年創部)
大阪府大東市中垣内3-1-1

大阪桐蔭 7-5 常総学院【1回戦】
大阪桐蔭 4-1 常葉菊川【2回戦】
大阪桐蔭 5-0 鳴門高校【準決勝】
大阪桐蔭 10-10 修徳高校【決勝戦】


高校野球 ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

月別投稿